スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイルを自動バックアップする方法(BunBackup)

みなさんこんにちは


以前、パソコン内の大切なファイル(データ)のバックアップ方法として以下の記事を書いたのですが
データのバックアップ方法1(CD、DVD)
データのバックアップ方法2(USBメモリ、外付けHDD)
データのバックアップ方法3(CD、DVD保存方法)
データのバックアップ方法4(USBメモリ、外付けHDD保存方法)

この方法は手動でバックアップ(コピー&ペースト)する方法でした。

この方法でバックアップしていても全然問題はないのですが
例えば
ファイルの数が多かったり
毎日バックアップしなければいけない場合
少々面倒ですよね


そこで今回は
パソコン上にある大切なファイル(ワード、エクセルなどのファイル、写真など)を
自動的にバックアップしてくれるフリーソフトをご紹介します。


ソフトはもちろん無料のフリーソフト

こちらのBunBackupを使用します。
ダウンロードはこちらです。


BunBackupをインストールして起動させると以下の画面が表示されます。
BunBackup1


少し見にくいですが、赤で囲んだ「緑色の+ボタン」をクリックするとバックアップの設定が行えます。
こちらでバックアップするフォルダを指定して、バックアップ先も指定します。
BunBackup2


こちらの機能表示設定で「自動バックアップ」や「ミラーリング」などの設定を行います。
BunBackup3


環境設定で「自動バックアップの間隔」「スタートアップ・タスク設定」などの設定も行えます。
BunBackup4


設定が完了したら必ず保存しておいてくださいね

今回は詳しい操作説明は行ないませんが、このBunBackupを使用すれば何もしなくてもパソコン内の大切なファイルを自動でバックアップしてくれます

とても便利なソフトですね~



最後に注意点を一つ

主に外付けのHDDなどがファイルのバックアップ先になるかと思うのですが、きっちり設定できていたとしても複数のUSB接続のドライブなどを抜き差しした場合ドライブ名が変わってしまいます

これではバックアップが出来ません

その場合はBunBackupの「バックアップ設定」画面で「バックアップ先フォルダ」にドライブのボリュームラベルを以下のように入力してください。
BunBackup5


※ボリュームラベルは、「マイコンピュータ」の「バックアップ先となるドライブ」を右クリックして「プロパティ」から設定することができます。


今回紹介したBunBackupは設定方法が少しややこしいので、生徒さんで使用したい方がいらっしゃいましたらレッスン時にお気軽にお声掛けくださいね

設定しますよ~


ではでは本日は以上です


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。