スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データのバックアップ方法4(USBメモリ、外付けHDD保存方法)

こんにちは

データのバックアップ方法も、今回でいよいよ最後。

本日はUSBメモリ、外付けHDDへのファイルの保存方法についてお話しますね。


ではでは、さっそくまいりましょう。


まず、USBメモリ、外付けHDDをパソコンに接続します。
パソコンにある刺し口(穴)に、プスッと刺していただければOKです。


「え!?刺し口??穴??一杯ありますが・・・」


ですよね~。
パソコンには前面、背面、側面に色々な形の刺し口がありますね。

大丈夫です!

こちらのUSBのマークを目印にしてください!

USBマーク


パソコンのどこかに必ずあります。

このマークが描いてある刺し口に挿入することで、パソコンと接続することができます。

※初めて接続する時は、パソコンに認識されるまで数十秒がかかります。



接続が完了すると以下の画面が表示されますので
「フォルダを開いてファイルを表示する」をクリックします。

USB2
※ご使用のパソコンによって、表示が若干異なります。


接続した機器の中身が以下のように表示されますので、
保存したいファイルをコピーして「USBメモリ」「外付けHDD」へバックアップ(保存)します。

表示




※②の画面が表示されない、表示を消してしまった場合

「スタート」→「マイコンピュータ」をクリックします。

XP
コンピュータ


※VISTA、7の場合は「コンピュータ」となります。
マイコンピュータ



何種類かのアイコンが表示されますが、その中の以下のアイコンが「USBメモリ」「外付けHDD」を示しています。
ダブルクリックすると③と同じ画面が表示されます。

USBメモリ
リムーバブルディスク
※リムーバブルディスクが2つ以上ある場合は、末尾のアルファベットが若くない方を選択してください。


外付けHDD
ローカルディスク
※ローカルディスクが2つある場合は、(C)以外を選択してください。
※ローカルディスクが3つある場合は、(C)(D)以外を選択してください。


※名称の末尾のアルファベットはパソコンの使用状況に応じて変化します。



以上全4回に分けて「データのバックアップ方法」のお話をさせて頂きましたが、いかがだったでしょうか?
もし、疑問などありましたらレッスン時にお気軽にご質問くださいね。




データのバックアップ方法1(CD、DVD)

データのバックアップ方法2(USBメモリ、外付けHDD)

データのバックアップ方法3(CD、DVD保存方法)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。