スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフト(アプリケーション)の削除方法

本日はパソコンの中に入っている不要なソフト(アプリケーション)の削除方法についてお話します。



不要なソフトを削除すると、ハードディスクの空き容量を増やすと同時にパソコンを高速化、安定化させることができます。

特にメーカー製のパソコンを購入した方の場合、購入後一度も使用していないソフトが沢山あると思いますので特に効果が期待できます。



ただし、ファイルやフォルダーの削除とは異なり、「キーボードのDeleteキー」で削除してしまうとパソコンにエラーが出てしまったり、トラブルの元となりますので必ず以下の方法で削除してくださいね。



XPの場合

(1)「スタート」→「コントロールパネル」をクリックします。

(2)次に「プログラムの追加と削除」をクリックします。

プログラムの追加と削除(XP1)


(3)削除したいソフトをクリックして、右側にある「削除」をクリックします。

アプリケーションの追加と削除(XP)2




VISTA,7の場合

(1)「スタート」→「コントロールパネル」をクリックします。

(2)「プログラムのアンインストール」又は「プログラムと機能」をクリックします。

アプリケーションの削除(vista_7_1)    アプリケーションの削除(vista_7_2)


(3)削除したいソフトをクリックして、「アンインストール」をクリックします。

アプリケーションの削除(vista_7_3)



以上で完了です。


もし沢山のソフトを削除した場合は、その後「デフラグ」作業も行ってくださいね。
デフラグ方法はコチラです。


最後に、削除してしまったソフトは元には戻りませんので慎重に作業してください。

「どのソフトが不要なソフトか分らない」など、何かご質問がありましたらレッスン時にお気軽にご質問くださいね。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。